商品名を入力

  • 紅茶通販
  • 抹茶
  • ギフト
  • ケーキ
  • ジャム乳製品
  • グッズ
  • 業務用紅茶の通信販売

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
2019年10月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

※赤字は休業日です

関連カテゴリ:
紅茶
紅茶 > ルフナ
紅茶 > 業務用
  • NEW
  • オススメ

アビサウェラファクトリー 2019

商品コード:
452375401909~452375401913

購入について

スリランカ、セイロン紅茶の産地の地図、ルフナルフナは、スリランカでも「ロウグロウン」と呼ばれる低地産の紅茶産地の名称です。
その特長は、ひたすら赤い水色(すいしょく:抽出後の紅茶の色)で、そのイメージどおりの明るい美味しさの紅茶です。
従来、日本では、低地産=低級 とされて、評価の低かった産地ですが、世界では、特に中近東諸国では人気が高く、現在では高級紅茶産地のウバの紅茶の価格をも上回るようになり、コロンボの最近のティーオークションでは、ルフナ、サバラガムワといったロウグロウン(低地産)の紅茶がトップになる事が殆どです。

ルフナとサバラガムワは、広大過ぎたルフナをルフナとサバラガムワに分けた産地名ですが、その区別、地域分けははっきりしておらず、このアビサウェラティーファクトリーはラトゥナプラ地区ですから、どちらかと言えばサバラガムワ内の茶園ですが、事情に応じてルフナとしても出荷されています。

この紅茶はルフナらしいトロピカルさ、明るさ、コクは持っているのですが、ライトに仕上げられていて飲みやすい紅茶に仕上がっています。
紅茶は広大なプランテーション化された茶園で生産されることが多いのですが、ルフナ・サバラガムワ辺りではスモールホールディングスと呼ばれる農家ごとが経営する小農家が多く、そういった小農家は生葉を大きな製茶工場に売り、製茶工場が出荷することが良くあります。
このアビサウェラティーファクトリーもそんな製茶工場の一つで、自らは茶畑を持たず、近隣から買い集めた生葉を製茶し、出荷しているティーファクトリー(製茶工場)です。
販売価格(税込):
1,101~10,195
パッケージ 内容量 価格
缶入り 100g 1,940円
Mパック 100g 1,710円
Sパック 50g 1,020円
業務用Lパック 500g 5,740円
業務用Kパック 1Kg 9,440円
  • パッケージ:

アビサウェラファクトリー 2019

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。