NEW

マーガレットホープ茶園 2020 2nd FTGFOP1 MUSK

商品コード:
452375401976~452375401980

コロナ禍でロックダウンの続くダージリンから、なんとかセカンドフラッシュを輸入出来ました。
例年の様な品質とはなりませんでしたが納得できる品質のものが輸入出来ています。

とはいえ、例年とは全く傾向の違うセカンドフラッシュです。

MUSK として輸入していますので、MUSKと表記させていただいていますが、茶袋にはMUSCATELの表示が有ります。
実質的に、MUSK とMUSCATEL は同じ意味だと思ってください。

MUSK とは香料のジャコウの事で、非常に良い香りから、「素晴らしいもの」を意味する言葉となりました。
その素晴らしいを冠したブドウがマスカットです。
そのマスカットから作られたワインをMUSCATELと呼びます。
現代の日本では「ムスカテル」と呼ばれるワインこそが、そのマスカテルです。

このムスカテルワインは非常に特殊なワインで、白ブドウのマスカットなのにムスカテルは赤いのです。
それは、ブドウの甘さを残すためにブランデーを加え、アルコール度を上げる事によって醗酵を止めているからです。
そのため非常にどっしりとしたボディと甘さを持ったワインとなっています。

紅茶のマスカテルとは、本来、そういったしっかりしたボディを持った紅茶の事でした。
それが「マスカテルフレーバー」という言葉と共に、ボディーより香りを重視した紅茶に MUSCATEL という名称を付ける事が多くなっています。

そういう意味で、このマーガレットホープ茶園のセカンドフラッシュは、非常にクラシカルなマスカテルと言えます。
少し雑味を感じるくらいの強いボディを持っています。
若干、火香が強めなのが欠点かもしれません。

その強いボディを味わって欲しいため、あえてお勧め抽出条件は5g/5分/350cc としていますが、抽出後にお湯で半分くらいの濃さに割っていただくと、現代の様なセカンドフラッシュに様変わりします。
淹れ方、飲み方でクラシカルな味わいと、現代の味わいの二通りの味わい方が出来るセカンドフラッシュです。

貴方はどちらの味わい方がお好みでしょうか。



このマーガレットホープ茶園は2013年に訪問させていただいていますので、写真でこの茶園を少しだけですが紹させていただきます。


マネージャーズバンガローからは製茶工場を見下ろすことが出来ます。
シリグリーからダージリンの町へ上る途中にあるこの茶園は、道から転げ落ちそうな急坂をしばらく下った茶園の中にあります。
茶園は巨大で幅が11Km。茶園には3,000人の人たちがいるそうです。


ダージリン・マーガレットホープ茶園の製茶工場(Tea factory)の入り口
マーガレットホープ茶園の製茶工場:ティーファクトリーの入り口です。
この中は衛生管理のため、専用の上着を着用し、キャップをかぶり、足にはビニールのオーバーシューズを付けて入っていきます


マーガレットホープ茶園の製茶工場 ガラスの発酵棚
マーガレットホープ茶園の発酵棚は独自の工夫によりガラスで作られています。
ガラスで作ることにより発酵温度を下げやすく衛生的で、なおかつ発酵後の茶葉を取り出しやすく清掃もしやすいそうです。

マーガレットホープ茶園の認定証 ISO2200 HACCAP
食品の安全管理の規格 HACCP(危害分析重要管理点)に認定証。ISO22000は、HACCPを基にした国際規格です。



マネージャーズバンガローの前で、茶園マネージャーのパンデさん夫妻と。
昼食を御馳走になった後にちょっと記念写真です。

Kパックを2個に小分けサービス
販売価格(税込): 1,512~24,840
パッケージ 内容量 税別価格
缶入り 75g 3,350円
Mパック 75g 3,100円
Sパック 30g 1,400円
業務用Lパック 350g 9,700円
業務用Kパック 1Kg 23,000円

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

営業カレンダー

2020年10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

※赤字は休業日です